文書   >   Core Foundation   >   CFDate


CFDate





概観


CFDate オブジェクトには、他の日時と比較できる日時が格納されます。CFDate オブジェクトは不変です。この不透明な型に対応する変更可能なものはありません。


CFDate は、日付の作成、日付の比較、および間隔の計算関数を提供します。CFDate オブジェクトを作成するには、CFDateCreate(_:_:) 関数を使用して下さい。 CFDateCompare(_:_:_:) 関数を使用して 2 つの日付を比較し、CFDateGetTimeIntervalSinceDate(_:_:) 関数を使用して時間間隔を計算して下さい。日付と時刻を管理するための追加関数については、Time Utilities で説明しました。


CFDate は、Cocoa Foundation の対応する物である NSDate に "通話無料でブリッジ" されています。これが意味するのは、Core Foundation 型が、関数またはメソッド呼び出しで、ブリッジされた Foundation オブジェクトと交換可能であるということです。つまり、NSDate * パラメータを参照するメソッドでは CFDateRef を渡すことができ、CFDateRef パラメータがある関数では NSDate インスタンスを渡すことができます。これは NSDate の具象サブクラスにも当てはまります。通話無料のブリッジの詳細については、"交換可能なデータ型" を参照してください。


シンボル




CFDate その他の関数





データ型


以下も見よ




不透明型





関連した文書






目次
Xcode 10 の新機能

  • 言語:Swift | Objective-C
  • 概観
  • シンボル
  • 以下も見よ












  • トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)